クリニックのお仕事

クリニックの臨床検査技師

トップ

クリニックでのお仕事情報

新着情報

クリニックで働く臨床検査技師 

クリニックで働く臨床検査技師は、患者さんと直接関わる、超音波検査、心電図検査などの生体検査や、採血などの業務の割合が多いことが特徴ともいえるでしょう。このため病院と比べて、庶務的な仕事も多く発生しするところも多いでしょう。そのためクリニックで働く臨床検査技師は、現場での対応力と、テキパキと仕事をこなす、機敏さが必要となってきます。このように幅広く万遍な仕事をこなすスキルが求められるようですが、忙しく働いていると、時間の経つのが早く感じられ、一日が短く感じられるようです。病院での業務とは、内容やバランスが若干変わっているのが、特徴的です。

臨床検査技師の仕事は 

臨床検査技師は病院やクリニックにおいて臨床検査を行い、治療方針を決めるための検査データを出す医療スタッフです。「おなかが痛い」「動悸がする」などの患者の訴えた症状を検査によって数値化し、客観的データとして医師に提供する役割があります。その検査業務は多岐にわたり、心電図や脳波検査を行う生理機能検査、採血した血液を分析する血液検査、尿の成分から異常をさぐる尿検査、細菌やウィルスを検出する微生物検査、切除した組織を調べる病理検査、血液型やクロスマッチ検査を行う輸血検査、その他様々な検査を担当します。病院やクリニック以外では保健所、健診センター、衛生検査所、SMO(治験施設支援機関)などで活躍しています。

オレンジの花のある風景